みんなおひめさま

(街のおしゃれなグランドハウス)

ショコラウサギのお姉さんのすむグランドハウスは、
みんなのあこがれのお家。

お姉さんはおもてなしが大すきで、
ベランダからお友だちをみつけると、
「こんにちは!うちによっていかない?」
と、声をかけてくれます。

だからショコラウサギのお姉さんのお家は、
いつもみんなのわらい声でにぎやかでした。

きらきら光るシャンデリアや、
おしゃれならせんかいだんは、
まるで物語にでてくるおしろのよう。

「すきだったおとぎ話を思い出すわ。」
「子どものころ、よくおひめさまごっこをしたわね。」

すてきなかぐにかこまれていると、
子どものころからなかよしだったお姉さんたちの
思い出話がはずみます。

いまはおとなになって、
メイクやドレスでみんなをおひめさまみたいにしてあげている
お姉さんたち。

そこで、ショコラウサギのお姉さんは、
ひさしぶりにみんなでおひめさまになって楽しもうと、
サプライズパーティーを思いつきました。

「つぎのお休みの日、うちにきて。」
とだけつたえて、さっそくじゅんびかいしです。

「思いきりかわいいドレスにしましょう。」

子どものころに大すきだったおひめさまたちと
同じドレスをよういして、
おへやのなかもごうかにかざりつけました。

そして、パーティーの日。

やってきたシルクネコのお姉さんたちは、
なぜか大きなにもつをもっています。

「ひさしぶりにおひめさまになりたくて。」
と、シルクネコのお姉さんがもってきたのは、
おひめさまになるためのメイクどうぐ。

トイプードルのお姉さんも
おしゃれなチョコをたくさんもってきてくれました。

3人がそれぞれサプライズで
おひめさまになるよういをしていたとわかって、
お姉さんたちは大はしゃぎ。

「ほかのみんなもよんだのよ。」
と、シルクネコのお姉さん。

「すてき!今日はみんながおひめさまね。」

なかよしのお姉さんたちがみんなあつまって、
はなやかなパーティーのはじまりです。

グランドハウスはおとぎ話の1ページのように、
しあわせなおひめさまでいっぱいになりました。

商品ページへ
HOME おはなし一覧