レストランでハッピーバースデー!

(街のすてきなレストラン)

今日はショコラウサギの女の子のおたんじょうび。

ショコラウサギちゃんは家族ですごすのを
とっても楽しみにしていたのですが、
お父さんはいそがしそうに、
しごとに出かけてしまいました。

お父さんは街で大人気のレストランのシェフ。

みんながお父さんのりょうりを楽しみにしているのです。

それは分かっているけれど、
ちょっとさみしいショコラウサギちゃん。

そんなショコラウサギちゃんを、
「街へお出かけに行く?」
と、お母さんがさそってくれました。

「うん!うれしいな。」
ショコラウサギちゃんはおめかしをして、
大すきな街に出かけて行きました。

そして、ショコラウサギのお姉さんともまち合わせをして、
みんなでショッピングをしたり、通りをさんぽしたり。

(とっても楽しいけれど、
やっぱりお父さんがいっしょにいないのがさみしいな。)
と、思っていたショコラウサギちゃんに、

「レストランでお食事をしましょうよ。」
お姉さんがていあんしてくれました。

レストランはショコラウサギちゃんの、
お気に入りの場所です。

すてきならせんかいだんに、おしゃれなテーブルとイス。

せきに通されてテーブルにつくと、
ふだんとはちょっとちがう、おしゃれな気分になれるのです。

ただ、今日だけちょっとさみしいのは、
こんなすてきな日にお父さんのすがたが見えないこと。

食事がおわったころ、グランドピアノにスポットライトが当たり、ピアニストのライオンさんがとうじょうしました。

「今日は何のきょくかしら?」

ショコラウサギちゃんが耳をすませていると、
しずかなお店の中にながれはじめたのは、
「ハッピーバースデー」のメロディ。

ピアノに合わせて、店中のみんなが歌いはじめました。

目を丸くしているショコラウサギちゃんの前に
あらわれたのは、
大きなバースデーケーキをもったお父さんです。

「おたんじょうびおめでとう!」

さいこうのサプライズプレゼントに、
ショコラウサギちゃんはうれしくてむねがいっぱい。

またひとつ、レストランにすてきな思い出ができました。

商品ページへ
HOME おはなし一覧