ふたごちゃんのおさんぽ

 

(トイプードルのふたごちゃん)

 トイプードルのふたごちゃんは、ひとりはとてもしずか。もうひとりは新しいものやばしょが大好きな、元気な赤ちゃんです。
 ある日、トイプードルの女の子とふたごちゃんは、いこいの林へおさんぽに出かけました。
 すると、元気な赤ちゃんは楽しくなって、ハイハイでどんどん先へと行ってしまいました。
 トイプードルちゃんは、しずかな赤ちゃんを木の下にすわらせて、「いい子にしてまっていてね。」
というと、元気な赤ちゃんをおいかけました。
 しずかな赤ちゃんが小鳥たちとあそんでいると、むこうからショコラウサギの女の子とくるみリスの男の子がやってきました。
「あれ、どうしたの?ひとり?」

 しずかな赤ちゃんがにっこりすると、
「トイプードルちゃんがもどって来るまで、いっしょにいようね。」
 ショコラウサギちゃんがそう言ってくれました。
 しばらくすると、白いちょうちょがとんできて、しずかな赤ちゃんのおようふくに、ちょこんととまったのです。

 赤ちゃんが手をのばすと、ちょうちょはふわりととんでにげます。
 しずかな赤ちゃんは、むちゅうでちょうちょをおいかけました。
「あれ、たいへん!赤ちゃんがいなくなっちゃった!」
 こどもたちが気づいたときには、しずかな赤ちゃんは、だいぶ遠くへ行ってしまいました。
 ふたりもいそいでおいかけます。

 ちょうどそのころ、元気な赤ちゃんも、林の中でどんぐりをひろっていました。
 そこへようやくトイプードルちゃんがおいついてきて、
「やっと見つけたわ!」
 そのとき、とおくから、
「もどっておいでー!」
という、くるみリスくんのこえが聞こえてきました。

 何かしら、と思ったトイプードルちゃんの目の前を、ちょうちょがひらひら……その後からしずかな赤ちゃんが、ハイハイでやってくるではありませんか。  すぐにくるみリスくんたちも走ってきて、林のまんなかで、ぜんいんがバッタリ! 「なんでここにいるの?」 と、みんなびっくりです。

「ねえ、みんなあつまったから、ここでおやつにしましょうよ。」
 ショコラウサギちゃんは、そういうと、バスケットをあけました。
「おかあさんの手作りドーナツよ。」
 よろこんだふたごちゃんが、どうじにバスケットをのぞきこんだので、ふたりはあたまをゴツン!
 みんなはわらいながら、楽しくドーナツを食べました。